人気パン屋【PAUL(ポール)】

SnapCrab_NoName_2013-4-12_14-53-42_No-00

1889年フランス北部の町リールに生まれた老舗のパン屋

「PAUL」(ポール)

現在も創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け

独自に契約栽培した小麦粉を使用するなど

厳選した素材を使って作られています。

読者が選ぶベストパンランキングや、パンがおいしいカフェのランキングにて

上位に入選するなど話題の多いパン屋さん。

本国フランス以外にも スペイン トルコ オランダに店舗が拡大され

日本では東京に8店舗 神奈川に2店舗 埼玉に1店舗

大阪に3店舗 兵庫に2店舗 福岡に1店舗と

全国に展開されています。

現地に限りなく近い味にするために、卵やサンドイッチの具材以外は

すべてフランスと同じにしているそうです。

現地と同じ設備で製造し、デニッシュペストリーは冷凍空輸し

日本で焼成しています。

また、パンだけでなく 店舗のデザインも当時のフランスをコンセプトにしており

クラシックな外観 パンの並べ方 パンにまつわるさまざまな道具などが

フランスの店舗と同じようになっています。

噛めば噛むほど味わいの深いPAULのパン

たくさんの種類がありどれもおすすめのパンばかりです。

フランスパンやカンパーニュ セイグルなどのブーランジェ

同じ生地を使っているバケットは、いろいろな食感があり

ホットドッグにしてチーズをかけて焼いたものや

レーズン 雑穀 胡麻などが入った種類もあります。

クロワッサン レザンに パン オ ショコラなどのデニッシュ

サクッと焼かれたクロワッサンは特に人気商品のようです。

生ハムやカマンベールチーズ サーモン ツナなどのサンドイッチは

フルート ボルカ ブリオッシュのパンから選ぶことができます。

また、タルトレットフレーズ ミルフィーユなど現地で人気のお菓子を食べることもできます。

パン好きの間では有名なパン屋PAUL

店舗によって品ぞろえがすこし違うところもあるようなので、まわってみるのもおすすめです。