滋賀県名物お菓子 草津【うばがもちや】

SnapCrab_NoName_2013-5-20_16-43-49_No-00

全国には老舗のお菓子屋さんがたくさんあります。

どのお菓子も 昔と変わらない製法や味が受けつがれており

いちどは食べてみたい和菓子ばかりのようです。

滋賀県にも有名な銘菓や、おみやげにおすすめのお菓子 和菓子が

たくさんあるといわれています。

そのなかのひとつが 滋賀県草津市にある「うばがもちや」です。

「うばがもち」は、1558年~1569年に生まれたといわれている

有名な和菓子。400年以上前からある、草津の銘菓になっています。

昔から変わらぬ素朴な味わいが幅広い世代に好評のようです。

「うばがもち」は 化学肥料や農薬を使用せずに栽培した

滋賀県のこだわりのもち米を使用したお餅を

北海道産のあずきでできた なめらかなこしあんで包まれています。

やさしい味わいと、安心の素材なのも人気の理由のようです。

歴代の人物 徳川家康や松尾芭蕉、当時の文化人なども口にしたといわれている「うばがもち」は

そのまま食べるのはもちろん、6個パックをお湯に溶かして食べる方法もあるそうです。

お湯に溶かすとおいしいお汁粉ができあがるので、また違った味わいを堪能することが

できると好評。

滋賀県に来た際のおみやげのひとつに「うばがもち」

いかがでしょうか。