福井銘菓-羽二重餅【村中甘泉堂】

SnapCrab_NoName_2013-7-17_16-8-47_No-00

福井県の銘菓として有名な「羽二重餅」

明治43年から創業のお店「村中甘泉堂」の羽二重餅はおみやげに、お取り寄せにと人気の和菓子のひとつになっています。

数々の賞を受賞していることでも有名です。

村中甘泉堂の羽二重餅は、産地指定の福井米を100パーセント使用しているのが特徴。

豊富な伏流水ときれいで冷たい地下水のおかげで、おいしいお米がとれるそうです。

なかでもカグラ米という品種を使用しています。

羽二重餅は、蒸し上がったものに、砂糖や水飴などの甘みを加えて練り上げうすくのばし一晩落ち着かせ、二枚重ねに形を整えたお菓子です。

もともと絹織物の街として有名だった福井県。

最上級とされた羽二重の 薄く滑らかな肌触りをお菓子「羽二重餅」に活かしたといわれています。

甘さ控えめな羽二重餅は、幅広い世代に好まれる和菓子になっているそうです。

原料に小麦を使用していないこともあり、アレルギーで悩んでいる人にも好評だとか。

常温保存で お茶請けとして一般的には食べますが、ぜんざいにいれたり、抹茶アイスといっしょにパフェのようにして食べたりとアレンジもいろいろ楽しむことができるようです。

甘すぎず、滑らかなくちどけ、後味がいいことから大好評の羽二重餅。

手土産に、ギフトに、お取り寄せ、プレゼントにいかがでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)